【宇野昌磨】2015フィギュア世界ジュニア 優勝!初出場の山本草太は銅

世界ジュニア選手権での優勝は、一番の優勝候補にあげられ、
宇野昌磨選手自身も今シーズンの目標にしてきました。
そして、見事に磨きあげてきた技術と表現力で初優勝を果たしました。

WS000143

宇野昌磨 ショートプログラム(SP)

イーグルからのトリプルアクセルを見事に着氷し、出来栄え点でも
プラスの評価を得て、イイ感じの滑り出し。

波に乗って、音楽ともピッタリと調和してジャンプも次々と

決めてゆき、確実に得点を加えていきます。

後半のトリプルルッツでこそ堪える形となってしまいましたが、
スピン・ステップは全てレベル4を揃えて、

WS000140

『ヴァイオリンソナタ第9番』を体現するような風格漂う演技を
見せてくれました。

結果、2位以下に8点近い差をつけて、首位に立ちました。

・宇野 昌磨 SP 2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権

ーーー <スポンサーリンク> ーーー

宇野昌磨 フリースケーティング(FS)

WS000141
 ( 緊張の瞬間~。)

冒頭で試みた4回転トゥループは、身体が途中で開いてしまい、
微妙な回転でのランディングに。。。

しかし、その後は予定していた2本のトリプルアクセル
(コンビネーションジャンプのトリプルアクセルは回転不足判定)、

など、難易度の高いジャンプを全て成功させることができ、
笑顔で演技を終えてくれました。

WS000138

今シーズンからダブルジャンプも回数制限の対象となったため、

最初のジャンプの判定次第では最後に挑んだジャンプが
カウントされないという事態も想定されましたが

トリプルトゥループのダウングレードと判定になり、
ほっとしましたね。

WS000142

フリースケーティングでの順位は2位になりましたが、
SPとの総合、合計232・54点で初優勝を果たしました!

WS000137
ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権2015 男子シングル 総合結果
1位 宇野昌磨(日本)
2位 ボーヤン・ジン(中国)
3位 山本草太(日本)

日本男子の優勝は2002年の高橋大輔、05年の織田信成、06年の小塚崇彦、
10年の羽生結弦に続いて5人目となります。

・しっかり観てみよう 宇野昌磨2015世界ジュニア
フィギュアスケート選手権FS『ドンファン』

また、初出場の山本草太選手が銅メダルに輝き、
日本勢初のW表彰台となりました。

宇野昌磨選手はこれが最後のジュニアの舞台。
有終の美を飾れてホント、良かったです

WS000139

宇野昌磨選手と山本草太選手の大活躍で、
今後の男子フィギュアスケートがますます楽しみですね。

ーーー <スポンサーリンク> ーーー

コメントを残す